ねりま減災どっとこむ

トップページ > 練馬区の助成制度などの相談窓口(地震編)

区の助成制度などの相談窓口 −地震に備えて−

☆クイズ☆ 皆さんは、本当の地震対策をしていますか?

地震による被害を少しでも減らすために、区では以下のような費用の一部負担(助成)や
相談会等を実施しています。
区防災課発行の「防災の手引 災害にそなえて」(平成18年9月発行)も参考にしてください。

家具の転倒で生命の危機

大地震から、命を守るための減災対策! その1
 あなたの寝室や居間は、大丈夫ですか?

 家が大丈夫でも、テレビやパソコンが真横から飛んできたり、ピアノや家具が倒れてきて、左のいらすとのように一瞬のうちに生命が失われては元も子もありません。
 家具の下敷きにならないためにも、寝室や居間の家具を固定しましょう。固定できない場合でも、身体の上に倒れてこないように家具の位置や向きをかえたり、窓ガラスや置き物が飛んでこないようにする必要があります。仮にケガをしても、病院にはケガ人が殺到しますから、すぐに手当てをしてもらえるとは限りません。
 ケガをしない、死なないためにも、ぜひ、家具の固定をしてください。
家具の固定をしましょう!

 高齢者のひとり暮し、高齢者のみ世帯、身体・知的障害の皆さまへ

 区では、大地震がきても家具が転倒しないように壁に固定するなど、転倒防止器具の取り付けを行った場合に、取り付け費用の一部を助成が行っています。高齢者のひとり暮らし、高齢者のみ世帯の方に加え、平成19年度からは、身体・知的障害のある方もその対象となっています。くわしくはお問い合わせください。
 >> 家具転倒防止器具の取付費助成 / 練馬区 暮らしのガイド

 ◆ 申し込み・ご相談・お問い合わせ先
 <高齢者支援係> >>下記の 各総合福祉事務所の高齢者支援係となっています。
   郵便番号の上3桁で、問い合わせ先が異なります。
    〒176の地域の方は、練馬総合福祉事務所    電話:03-3993-1111(代表)
    〒179の地域の方は、光が丘総合福祉事務所   電話:03-5997-7716
    〒177の地域の方は、石神井総合福祉事務所   電話:03-5393-2814
    〒178の地域の方は、大泉総合福祉事務所    電話:03-5905-5271

 <障害者支援係> >>下記の 各総合福祉事務所の障害者支援係となっています。
   郵便番号の上3桁で、問い合わせ先が異なります。
    〒176の地域の方は、練馬総合福祉事務所    電話:03-3993-1111(代表)
    〒179の地域の方は、光が丘総合福祉事務所   電話:03-5997-7796
    〒177の地域の方は、石神井総合福祉事務所   電話:03-5393-2816
    〒178の地域の方は、大泉総合福祉事務所    電話:03-5905-5272

 <知的障害者支援係> >>下記の 各総合福祉事務所の知的障害者支援係となっています。
   郵便番号の上3桁で、問い合わせ先が異なります。
    〒176の地域の方は、練馬総合福祉事務所    電話:03-3993-1111(代表)
    〒179の地域の方は、光が丘総合福祉事務所   電話:03-5997-7075
    〒177の地域の方は、石神井総合福祉事務所   電話:03-5393-2815
    〒178の地域の方は、大泉総合福祉事務所    電話:03-5905-5273

家のなかに、安全な空間をつくりましょう!

 昭和56年5月以前の木造住宅にお住いの方へ

 昭和56年5月以前の建築物は、地震に弱い建物と考えられています。もし、そうした家にお住いで、家の耐震診断・強化が難しい場合には、次のことをご検討ください。世帯に、1)65歳以上の方、2)介護保健要介護1〜3の認定を受けている方、3)身体障害者手帳1・2級をお持ちの方、4)愛の手帳をお持ちの方、5)精神障害者保健福祉手帳1・2級をお持ちの方、6)国・東京都指定の難病患者で歩行が困難な方、7)未就学児のいずれかがいらっしゃる場合、区から耐震シェルターや防災ベットの助成が受けられる可能性が高いのでぜひ、問い合わせをしてみましょう。

 ◆ 詳細および問い合わせ先
  >> 耐震シェルター・防災ベッド等の設置費用の助成
      / 区/都市整備部建築課(耐震相談窓口)  電話:03-5984-1938(直通)

家の倒壊で即死も!

大地震から、命を守るための減災対策! その2
あなたの家は、大丈夫ですか?

 阪神・淡路大震災では、8割を超える方が即死。主な原因は、その瞬間、わずか十数秒のうちに家や家具がおそいかかってきたためでした。
 イラストのようにならないためには、自分の家が地震に強い建物かどうかを知り、弱ければ家を強くする必要があります。
 建物の耐震診断・耐震補強は、皆さんの生命と財産を守ることに直結します。仮に、助成の要件に該当しなかったとしても、ぜひ、ご自身のため、ご家族のために実施しましょう。
あなたの家が、大地震に耐えられるかどうかを調べてみましょう。
耐えられないようでしたら、強くしましょう。
 まずは、耐震診断をしてみませんか? 
 区では、耐震診断や耐震改修工事への助成を行っています。助成制度はちょっと複雑に感じるかもしれませんが、区では相談会なども行っていますので、利用できるかどうかを確かめましょう。昭和56年5月以前の建物は特にご相談を。

 ○ 区の耐震診断経費の助成のページ  >> 耐震診断経費の助成
 ○ 耐震改修制度のページ >> 民間建築物の耐震化促進(耐震改修等助成制度)

  また、マンションにおいては、昭和56年5月以前に建築された分譲マンションを耐震化するためのアドバイザーを派遣しています。
  >> 公共的施設、後方医療機関等および分譲マンションのアドバイザー派遣などpdfファイル
       / 区都市整備部建築課(耐震相談窓口) 電話:03-5984-1938(直通)

< 参 考 >
 東京都では、『安価で信頼できる「耐震改修工法・装置」の選定事例一覧』をホームページで紹介しています。
  >>パンフレット「安価で信頼できる木造住宅の「耐震改修工法・装置」の事例紹介」 pdfファイル
  >>パンフレット「ビル・マンションの耐震化読本」 pdfファイル

 関連ホームページ:建築物の耐震化 /東京都都市整備局 市街地建築部 建築企画課

地震によって塀が倒れないように、生け垣を設置しましょう!

 区では、地震対策として、またみどり豊かなまちづくりをすすめるためとして、生け垣をつくる方を対象に助成を行っています。

  1. 緊急道路障害物除去路線(震災時、避難拠点となる103の区立小中学校に物資を輸送する路線で、避難拠点から幅員8メートル以上の道路に到達する距離が150メートルを超える34路線)に接している敷地に対しての助成。
  2. 道路に面して生け垣の延長が1メートル以上あり、高さが1メートル以上ある場合(生け垣をつくるためにブロック塀などを取り壊す費用も含む)。
      >> 生け垣助成制度の概要 / 公園緑地課緑化審査係 電話:03-3993-1111(代表) 

 その他に、区では安全で快適なまちづくりをめざして、狭あい道路の拡幅に対する助成、「狭あい道路拡幅整備事業」が行われています。
  >> 狭あい道路拡幅整備事業 / 都市整備部建築課道路拡幅助成係 電話:3993-1111(代表)

家の倒壊で即死も!

大地震から、命を守るための減災対策! その3
いざというとき高齢者、障がい者といった皆さんが
困らない仕組みを地域につくりませんか?

 災害時に素早く行動したり、自力で避難することが難しい方を、地域で助け合おうという取り組みが始まりました。
 「災害時要援護者名簿」に登録をすることにより、救助や避難の誘導を助けようというものです。
  くわしくは下記のページを参考にしてください。

<対象となる方>
 自宅で生活している方で「災害時に自力で避難することが困難な方」を対象として以下の方を想定しております。
  1.  介護保険の要介護3〜5の認定を受けている方
  2.  身体障害者手帳1・2級をお持ちの方
  3.  愛の手帳をお持ちの方
  4.  精神障害者保健福祉手帳1・2級をお持ちの方
  5.  65歳以上の一人暮らし世帯または65歳以上の方のみの世帯
  6.  難病(国・東京都の難病等医療助成を受けている方)の患者
  7.  その他、登録を希望する方

 ◆ お問い合わせ先
 >>自力で避難が困難な方は登録を 災害時要援護者の名簿登録を受け付けます  /地域福祉課庶務係
 >>災害時、自力で避難が難しい方を地域で支援する仕組みづくりをめざして

(C)2008-2010 MBD co.,ltd. All rights reserved.